ページ内移動用のメニューです。

企業主導型保育事業


ニチイキッズトップの中の保育園紹介の中の徳島県の中のニチイキッズこくふ保育園の中のお知らせの中の生き物との触れ合い~カブトムシ vol.2~

お知らせ 園内に関するお知らせです。

2021年09月29日 お知らせ

生き物との触れ合い~カブトムシ vol.2~

生き物との触れ合いを通して

毎日の生活のなかで体験すること全てが、子どもたちにとって貴重な学びの場となります。

玩具とは違い、自発的に動く昆虫の存在は子どもたちの関心を広げてくれます。

「ちょっと うごいた!」「あれー あし あるなぁ!」
「おめめ も あるよ!」

など、2歳児さんは自分たちの体と同じようなものがあることへの関心が止みません。

大人も子どもたち同様、動物園などに出掛けた際に動物たちが様々な動きや表情を見せてくれると「わぁー!」と感動しますよね。

ワクワクドキドキする好奇心の芽ばえ

昆虫の王様と称されることの多い「カブトムシ」。

保育者がカブトムシを持ち上げると・・・
「わぁー!ちからもち!!」と、自分の体よりも大きく太い木にガッチリしがみつくカブトムシの様子に驚きいっぱいの反応を見せてくれました。

また自分たちと同じ目線の高さになったことでより好奇心が倍増した子どもたち。昆虫たちとの対面を通して、子どもたちの目線の先にある小さな気付きの芽を育んでいきたいと思います。

2歳児さんのキャアキャア弾ける笑い声に誘われて「なんだろう?」とやってきた0歳児さん。好奇心の扉が開いた一場面です。

「そぉーっとだよ・・・」一人ひとり、自分なりに小さくて尊い命を大切に扱おうとする姿が見られます。

1.2歳児さんのワクワクが0歳児さんに伝染! いつの時代も子どもたちの心を虜にする、不思議な魅力をもったカブトムシ。