ページ内移動用のメニューです。

企業主導型保育事業


ニチイキッズトップの中の保育園紹介の中の徳島県の中のニチイキッズこくふ保育園の中のお知らせの中の生き物との触れ合い~セミ 特別ver.~

お知らせ 園内に関するお知らせです。

2021年10月05日 お知らせ

生き物との触れ合い~セミ 特別ver.~

未来につながるきっかけに

この日は保護者さんがお迎えの道中で見つけたセミを子どもたちにと、連れてきてくださいました。

セミやカエルのように、「身近な虫たち」を捕まえたり遊んでみたりという体験・・・なかなか難しくなってきましたね。
もしくは、そうした「身近な虫たち」がいても見つけることや関わりを持つことが難しくなってきたなと感じます。

これから生き物を飼う・育てるということを生き物との出会いを通して学んでいく子どもたち。そんな子どもたちが生き物たちと一緒に過ごす特別な時間を大切にしていきたいです。

子どもたちのとらえ

「えーんえん!」と泣き顔の2歳児さん。

どうしたのかな?と様子を見守っていると・・・

「ジジジジジジ」というセミの鳴き声が泣いているように聞こえ、
その鳴き真似をしていたのでした。

生き物との関わりを通して、心が動き、感じたことや考えたことを自分なりに表現する子どもたち。この表現力が次第に自分の考えや気持ちをみんなと伝え合いながら、1つのことに向かってお友だちと一緒に考えていく体験へとつながっていきます。

初めて虫を手にした特別な日。これまでの生き物との出会いを通して少しずつ力加減を調整してみるなど思考する姿が見られます。

前面から見たときの頭部が三角に見える様子を表現しています。自分と同じようにある目や口、手足に一番関心が向くようです!

最後の力を振り絞って「ジジジ」と体を震わせていた小さな生命は翌朝静かに終わりを告げました。